JUICE木星・氷衛星勉強会

 

開催趣旨

2022年打ち上げ、2030年木星到着が予定されているJUICE木星・氷衛星探査。
そこで測器開発に関わる人々やJUICEミッションを担うべき学生・若手研究者を対象に
サブミリ波測器JUICE-SWIによる観測が予定されている
成層圏を中心とする木星大気、氷衛星の表層と希薄大気などについて
これまでの研究のレビュー等を行い理解を深め、
他測器との協力関係をも含めたJUICE-SWIサイエンスチームの強化と
人材育成への貢献を目指す。

 

世話人

黒田剛史(東北大学, NICT)※世話人代表
笠井康子(NICT, 東京工業大学)
菊池健一(NICT)

問合せ先:studymanager {at} juice-swi.que.jp (黒田)

 

勉強会内容

木星大気(成層圏・対流圏)および氷衛星(エウロパ・ガニメデ・カリスト)の希薄大気・表層といった
JUICE-SWIの直接の観測ターゲットおよびその周辺のサイエンスについて
最新の論文の輪読を中心に、SWIはもちろんのこと、
それにとどまらずJUICE探査機に搭載される他各測器とのシナジーも含めて
期待できる観測・探査を念頭に入れつつ、楽しく議論を行う。

 

開催要項

月1回のペースで、火曜日15:00(日本時間)開始を基本に
(隔週ペースでDRAMATIC惑星大気勉強会と交互に開催)
東京都小金井市・NICT6号館2階をキーステーションに各地をスカイプで接続する。
担当者は発表資料を勉強会開始3時間前までにメーリングリストにて回覧、
勉強会で取り扱う論文は各自手元に用意しておくことが望ましい。
(テーマに沿った複数の論文を取り扱うこともある)

 

開催予定

回数 日時(日本時間) 内容サブタイトル 取扱論文など 担当者(敬称略)
#9
未定      

 

開催記録

回数 日時(日本時間) 内容サブタイトル 取扱論文など 担当者(敬称略)
#8
2013/12/25(火)
15:00~
木星オーロラの分光撮像観測 - Raynaud et al. (2004), Spectro-Imaging Observayoons of Jupiter's 2um auroral emission 1. H3+ distribution and temperature, Icarus 171, 133-152 藤澤翔太
(東北大B4)
#7
2013/12/3(火)
15:00~
ガリレオ氷衛星観測 - McCord et al. (1998), Non-water-ice constituents in the surface material of the icy Galilean satellites from the Galileo near-infrared mapping spectrometer investigation, J. Geophys. Res. 103, 8603-8626 有村健斗
(茨城大M1)
#6
2013/10/30(水)
15:00~
木星成層圏大気観測のレビュー - Simon-Miller et al. (2006), Jupiter's atmospheric temperatures: From Voyager IRIS to Cassini CIRS, Icarus 180, 98-112 黒田剛史
(東北大)
#5
2013/10/8(火)
15:00~
ガニメデ希薄大気(2) - Marconi (2007), A kinetic model of Ganymede's atmosphere, Icarus 190, 155-174
- EPSC学会報告と地上観測への期待
佐川英夫
(NICT)

#4

2013/8/27(火)
15:00~

ガリレオ衛星

- Showman and Malhotra (1999), The Galilean Satellites, Science 286, 77-84

有村健斗
(茨城大M1)

#3

2013/6/18(火)
15:00~

木星のアンモニアの窒素同位体比

- Fouchet et al. (2004), Search for spatial variation in the jovian 15N/14N ratio from Cassini/CIRS observations, Icarus 172, 50-58

山田明憲
(東大D3)
#2
2013/5/14(火)
16:30~
比較惑星気象学の視点から見る木星大気力学

- Flasar et al. (2004), An intense stratospheric jet on Jupiter, Nature 427, 132-135

黒田剛史
(東北大)
#1
2013/4/16(火)
16:30~
ガニメデ希薄大気(1) - Marconi (2007), A kinetic model of Ganymede's atmosphere, Icarus 190, 155-174 佐川英夫
(NICT)

 

FIRE火星気象勉強会 (本勉強会の前身として2011年11月~2013年3月に開催)

黒田ホームページへ